こんにちは。toshiです。

 

僕は現在「ブログを書くこと」によって自動的に得られる収入で生活しています。

 

おかげで時間に縛られない自由な生活を満喫出来ているというわけなのですが、元々は僕は公務員をやっていました。

 

詳しくは後述しますが、「ある事件」がきっかけで公務員という職業に対して絶望を抱くようになり「何とか公務員を辞めて独立する術はないか」と探している中でネットビジネスというものに出会いました。

 

ネットビジネスなんて怪しい!詐欺じゃないの!?

 

と思う人が残念ながら多いですが、「価値のあるものを提供して対価を得る」というビジネスの基本の部分は実際に対面してのビジネスと何ら変わりません。

 

例えばAmazonや楽天といったサイトで買い物をする人は多いですよね。あれもネットを利用して商品を販売する「ネットビジネス」の一つの形態と言えますが、果たしてあれを詐欺だと思う人がいるでしょうか?ほぼいないでしょう。

 

ビジネスというものの基本原則は

 

①悩みを抱えている人
②悩みを解決できる手段

 

の2つです。この2つがあればそこにビジネスが生まれます。

 

例えば「風邪を引いた人」にとって「風邪の治癒を早める手段を提供してくれる病院」は価値のあるものなので、そこに価値を感じてお金を払います。

 

病院に限らず弁護士、コンサル、金融、不動産、飲食、コンビニに至るまですべての業種において
・悩みを抱えている人
・悩みを解決できる手段

の1セットでビジネスは成り立っています。そしてこれはネットも同様です。

 

だから「ネットビジネスは怪しい!」と思うのは単に先入観でそう思い込んでいるだけですね。少し考えればわかることです。

 

ネットビジネスの詳細についてはまた後ほどお話したいと思いますが・・・その前に、僕がなぜ安定した職業で有名な公務員を辞めたのかという話を聞いていただければ幸いです。

 

ここから先はかなり長くなりますが、あなたの人生を180度変えるヒントになるかもしれませんので真剣に読んで頂きたいです。

 

今じっくり読む時間が無いとか、パソコンでちゃんと読みたいという人ははてなブックマークに入れることをオススメします。

 

では、始めて行きましょう。

公務員への絶望

僕はかつて地方公務員として市役所で働いていました。

 

最初に配属されたのが非常に特殊な部署で朝5時半に出勤しなくてはいけないところでした。

 

そのため電車やバスなどの交通機関が使えず車通勤で通っていました。

 

しかも朝5時半出勤を5日間こなした後は休みを挟んで今度は14時出勤に変わるという超不規則な勤務時間でした。

 

朝5時半出勤もきついですが14時出勤というのも結構きつかったですね~。勤務時間が遅い分、帰りは0時過ぎとかになってしまいますので友達と遊ぶ時間を合わせることも出来ません。

接触事故と懲戒処分

そんな不規則な生活を続けて慢性的な寝不足に陥っていたのでしょう。勤めてから半年経った頃、帰りの運転時に不注意でバイクとの接触事故を起こしてしまいました。

 

 

不幸中の幸いで相手の怪我は大事には至らず捻挫2週間で済みました。

 

一応この事故があったことを上司に報告したところ

「通勤帰りとはいえ半分プライベートでの出来事なので処罰ということはない」

という話で少し安心しました。

 

しかしどういうわけか、本人ではなく相手方の親父さんが警察に教えてもらったのか僕の職場に執拗に電話をかけて文句を言ってきたのでした(正確に言うと僕がいたのは出先の機関で人事を司っている本部は別にあります)。

 

その親父さんとは僕は直接会ったことがないのになぜか

「謝罪の態度に反省が見えない!」
「誠実さの欠片もない!」
「あんな奴はクビにしろ!」

など散々なことを本部に言ってきたようですw

 

本部に文句の電話がかかってくるたびに何度も本部に呼び出されて詳しい話を聞かせろ、と言われました。

 

都合の悪いことにその相手方が僕が勤める市の住民の方だったのです。

 

つまり単なる文句ではなく「市民としてのクレーム」という形になるわけですね。だから市としてもあまり強気に出れず基本的には平謝りになってしまうんですね。その節は本当にご迷惑をかけて申し訳ないと思っています・・・。

 

これは公務員をやっている方ならよくご存知だと思いますね。「市民だぞ!」をチラつかされると何も言えません。

 

全然関係ない国の不祥事を引き合いにして「お前ら同じ公務員だろ!」なんて無茶苦茶な文句を言われても謝るしかないんですよね。

 

「人様の税金で暮らしてるくせに偉そうなことを言うな!」と生活保護者に言われたこともありますw

 

とにかく、本部としてもその「大市民様」への対応を見誤らないために僕から詳しい話を聞かなくてはならないということでした。

 

 

そしてそのような電話が何度も来ることが本部としても煩わしくなったのでしょう。

 

ついに僕は懲戒処分に処されたのでした。

 

相手方の親父さんを納得させるための見せしめというわけですね。要は晒し首です。

 

組織は自分を守ってはくれない

僕はこの懲戒処分を下されたこと自体にはそれほど不満はありませんでした。僕の不注意で事故を起こしているわけですから僕が悪いのは明白です。

 

ただ、最初は処分しないと言っていたはずなのに相手がゴネればそれがまかり通り、いよいよとなれば切られるということに愕然としたのです。

 

公務員は安定と言われているがとんでもない。組織に身を置いて過ごすことの危うさをありありと感じました。

 

公務員だからまだ良かったのかもしれませんね。これが民間の会社だったらもっと悲惨なことになっていたのではないでしょうか。

 

組織のために一生懸命働いてもリターンは僅かでいざとなれば切り捨てられ、外に放り出されても他で使えるスキルもなくつぶしの利かない、年齢だけは重ねて周りからは腫物扱いにされる、図体はでかいのに役に立たない粗大ごみのような人間の出来上がり・・・そんな未来をイメージしてしまいました。

 

そう考えると、組織からはみ出さないようにするために上司におべんちゃらを使ったり嫌な同僚に気を使うことって本当にバカバカしいですよね。それで得られるのはかろうじて生活していけるくらいの小銭です。

 

まあその仕事が本当に好きなら良いですが・・・僕は公務員の仕事は本当につまらなかったですw

 

通常、会社や組織に勤めるサラリーマンや公務員は「時間」を切り売りすることでお金を儲けています。

 

時間、それはすなわち命のタイムリミット。

 

つまらない仕事をしている間にも刻々と命の期限は迫ってきています・・・お金は増やすことが出来ても時間を増やすことは出来ません。

 

それに公務員なんていくら頑張っても1年で月数千円くらいしか給料は上がりません。

 

まあそれこそ「人様の税金で暮らしているんだから贅沢なことを言うな!」と言われるかもしれませんが、努力に対する対価が無ければやる気は出ないわけで・・・

 

公務員の仕事が非効率だとか怠惰だとか言われるのはそのように見返りがあまりないというのも理由の一つかもしれませんね。

 

「人様の税金」で生活している以上、必要最低限で済まされるというわけです。

 

役所って基本的にボロい建物が多いですよね。まさに必要最低限の象徴です。

自立への覚醒~ネットビジネスとの出会い~

もはや僕は、公務員として「安定」した生活を続けて60歳で定年退職して、なんていうことを考えるのがバカバカしくなっていました。

 

その「安定」とやらも幻想なわけですし、そのために我慢することがあまりにも多すぎるのです。

 

「なぜ毎朝決まった時間に来なくちゃいけないのか?」
「なぜこんなつまらないことしなきゃいけないのか?」
「なぜこんな嫌な人におべんちゃら使わないといけないのか?」

 

いくつものなぜ?が沸き上がりました。これらすべてを綺麗に解決できる手段がすなわち「自立して生きていくこと」でした。

 

つまり自分一人でお金を稼ぐ手段を身に付けること。起業です。

 

起業すれば

・自分のやりたいことを出来る
・始業時間は自分が勝手に決められる
・休みたいと思った時に休んでいい
・嫌な人と付き合う必要が無い

こんな風に色々なメリットがありますよね。実際にはそうは上手くいかないことのほうが多いでしょうが。

 

でも公務員しかやったことがない、特別なスキルや才能があるわけでもない自分が起業なんて出来るはずがない、ただ組織にいるのはもう嫌だ・・・

 

そんな鬱屈とした思いを抱えている時に知ったのが「ネットビジネス」というものの存在でした。

 

ネットビジネスは

・パソコン1つあれば誰でもすぐに始められる
・経費がほぼかからないので赤字にならない
・ブログを作れば24時間フル稼働でお金を生み出す自動販売機になる
・上手くいけば何百万、何千万と稼げる

という夢のようなビジネスだというのです。

 

これだけ見ると怪しすぎますよねw

 

ただ当時の自分には怪しい、という気持ちよりも

これだ!!俺が自立する道はこれしかない!!!

と宝物を見つけたような気持ちが強かったです。今思うと結構危ういですね。弱みに付け込まれて宗教に勧誘されたようなものですw

 

まあ結果としてはこれが正しかったんですけどね。

 

実際にネットビジネスで成功した人たちが裕福で悠々自適な生活をしているのを自分のブログなどに掲載しているのを見ると心が躍りました。

 

彼らは旅行に行くときも自由気ままで、「飽きた時に帰ればいいから」という理由で旅行の帰りのチケットを買わないというのです。

 

また、ネットビジネスには経歴も全く関係ありません。

 

フリーター、専業主婦、ホスト、キャバ嬢、東大出身者、そして元公務員。引きこもりでもニートでもなんでもアリです。

 

なるほど、これならば今の仕事をやりながらでも終わった後に作業時間を取って出来るかもしれない。しかも成功すれば今の収入の何倍ものお金を稼ぐことができる。

 

今ならこんな怪しい謳い文句が紛れもなく真実であったことを実感できますね。

 

まあ稼げるだの自由だの言っても

ネットビジネスって結局、具体的に何するんだよ?

って思う人がほとんどですよね。

 

ということでネットビジネスについて具体的に何をするのかって話もしていきましょう。

ネットビジネスって何するの?

ネットビジネスには色々な形態があります。

 

基本的には自分で商品やサービスを販売するのが主になりますが、最もポピュラーで気軽に始められる手段に「アフィリエイト」というものがあります。

 

アフィリエイトというのは平たく言うと「広告業」で、商品やサービスを紹介することで「紹介料」という形で報酬を得るビジネスです。

 

もっと根本的なことを言うなら、ビジネスの基本原則である

①悩みを抱えている人
②悩みを解決できる手段

の2つをマッチングさせてあげる仲介業と言えるでしょう。

 

悩みを抱えている人がその解決手段を知っているとは限りません。そこで「こういう手段で悩みを解決できますよ~!」と教えてあげるという感じですね。人材派遣などの業種もこういった形のものです。

 

アフィリエイトの良さというのは「商品・サービスを紹介するだけ」で済むので、実際に自分が商品を作ったり在庫として保管する必要がないというところです。

 

だから気軽に誰でも始められるという利点があるのですね。

 

そしてそのアフィリエイトの中でも最も簡単に稼ぐことが出来るのが「トレンドアフィリエイト」という手法です。

 簡単に稼げるトレンドアフィリエイトとは

ここからは僕自身の実体験の話も踏まえてトレンドアフィリエイトがどんなものなのか説明していきましょう。

 

ネットビジネスには無限の可能性があるとはいえ、ブログを運営したこともないネット初心者でしたから何をすればいいのか全くわかりませんでした。

 

そんな自分も「これならできるかもしれない!」と思って始めたのがトレンドアフィリエイトです。

 

トレンドアフィリエイトというのは、その日に起こった事件や芸能ニュースなど、とにかく「その時旬な話題」に沿った記事をブログに書き、ひたすらアクセスを集めまくってそこに広告を貼ることでお金を稼ぐという手法です。

 

例えば何か重大な事件が起こったらその事件の犯人の経歴や出身大学などを検索する人が増えますし、芸能人が無名な一般人と結婚したらその結婚相手の経歴などを検索する人が増えます。こういった旬な話題を扱うと1日だけで1万アクセスとか普通に来ます。

 

内容的にもそれほど難しくなさそうですよね。

 

トレンドアフィリエイトは「グーグルアドセンス」というGoogleの広告サービスを利用してブログの途中に広告を張ります。

 

グーグルアドセンスの良いところは記事中に表示される広告を「クリックされるだけ」で報酬が得られるというところです。

 

クリックされるだけで何でお金もらえるの?

 

と思うかもしれませんね。この仕組みについて詳しく話すと長くなってしまいますが、分かりやすい例で言うとYouTuberの収入もこの広告のクリックによるものです。

 

こちらは有名なYoutuber・ヒカキンさんの動画の冒頭です。

 

本編が始まる前にmineoのCMが挿入されていますが、これがグーグルアドセンスの広告ですね。

 

動画を再生すると冒頭だけでなく再生途中でも広告が出てきますが、あれも同じです。

 

 

この広告の1クリックあたりの収益はせいぜい数十円ほどですが、Youtuberの動画再生数は何百万というものすごい数をたたき出すためにそこから得られる収入も桁違いの数になるわけです(この動画はすでに150万回の再生回数を記録していますね)。

 

トレンドアフィリエイトというのはこのYoutuberの手法に近いです。媒体が動画かブログかの違いだけで、ひたすらアクセスを集めて広告をクリックしてもらうのは同じですしね。

 

僕は雑学系のブログを運営していてそこからこのブログを知ってくれた人もいると思いますが、あのブログもグーグルアドセンスによる公告クリックの収入で月3万円ほど自動で稼いでいます。

 

トレンドアフィリエイトで稼ぐのは非常に簡単です。僕も始めて1ヶ月ほどで数万円という稼ぎが出せるようになりました。

 

しかし「簡単に稼げる」ことと「安定して稼ぎ続けられること」は全くの別問題です。

 

そのことに気づいていなかったので僕はトレンドアフィリエイトの泥沼にはまっていくことになります。。。。

 

トレンドアフィリエイトでの失敗①アカウント停止

さあこれからどんどんアクセスを稼いでいこう!という時に僕のトレンドアフィリエイトは突如終焉を迎えます。

 

それは「グーグルアドセンスアカウントの停止」でした。

 

広告を貼るのにグーグルアドセンスというGoogleのサービスを使うということはお話しましたが、そのグーグルアドセンスのアカウントが突如停止されてしまったのです。

 

グーグルアドセンスのアカウントが停止になる要件はいくつかあり、公式サイトでもアナウンスされています。

 

ただどの要件に当てはまってそのような処分となったのか具体的には全く分からず、対処法も分かりません。メールを送っても定型文が返ってくるだけで、ついにはそのアカウントが復旧することはありませんでした。

 

それまでに売り上げたお金もパアになりました。

 

人間というのは「あるのが当たり前になっているものがなくなる」というのが一番精神的なダメージが大きいですからね。これは相当ショックでしたよ。

 

トレンドアフィリエイトでの失敗②検索エンジンペナルティ

途中までトレンドアフィリエイトでうまくいった経験のある僕にはどうしてもその方法で成功したいという執着がありました。

 

1日に1万円売り上げたこともあってその時の興奮が忘れられなかったんです・・・

 

この辺りは負けが込んだギャンブラーのような思考ですよねw

 

勝った時の興奮が忘れられず、負けが込んでも「次こそは勝てる!」と根拠のない自信で自らを奮い立たせる・・・

 

ただ同じことを繰り返しては芸が無いですから、前回の失敗を生かして今度はアカウント停止にならないようにと対策をして再びトレンドアフィリエイトに挑戦します。

 

今度は1ヶ月10万円ほどの売り上げを達成しました。

 

しかしこれも再び終焉を迎えました。

 

それはGoogleによる検索順位低下のペナルティでした。

 

Googleというは最も有名な検索エンジンですよね。

 

日本人だとYahoo!を使っている人の方が多いですが、実はYahoo!は2011年からGoogleの検索技術を使っています。

 

だからYahoo!はほぼGoogleと同じ検索順位を示し、日本における検索エンジンはほぼGoogleが牛耳っていると言って過言ではありません。

 

検索エンジンペナルティというのは「検索エンジンの王様」GoogleにNGを突き付けられたということです。

 

具体的には検索結果で1位を取っている記事がいくつもあったにも関わらず、それが軒並み50位とかになってしまいました。

 

あなたが検索エンジンで何かを検索するときを思い出してほしいのですが、見るのは1ページ目くらいで2ページ目以降はほとんど見ないですよね?

 

しかも1ページ目の中でも観るのはせいぜい5番目くらいまででしょう。

 

トレンドアフィリエイトというのはアクセスが命です。

 

検索エンジンペナルティによる1位→50位への低下というもののダメージは計り知れません。

 

1日に数万ものアクセスを集めていたのがペナルティによって1日数百程度にまで激減しました。収入もほぼ0です。

「あなたのブログは内容がスカスカです」

なぜ検索エンジンペナルティを食らってしまったのかというと、「記事の内容が薄い」というのが原因だとGoogleから連絡をもらいました。

 

僕が書く記事はひたすらアクセスを集めることを考えていたので、内容は二の次という感じでした。

 

Googleの立場を考えても「内容がスカスカの記事が上位表示されていること」という状況は望ましくないわけです。

 

Googleの存在価値というのは「検索ワードに対する答えが充実しているものを上位表示」させることにあります。

 

例えば「犬 飼い方」というワードで検索しているのに「沖縄の名所10選」みたいな全然関係ない記事が表示されたらどうでしょうか?

 

そんな検索エンジンを使いたいとは思いませんよね。言うまでもなく「犬の飼い方」についてより詳しく書いてある記事こそが上位表示されるべきです。

 

そんなわけで内容がスカスカのものばかり書いている僕のトレンドアフィリエイトのブログがペナルティを食らったのは当然だったのです。

 

トレンドアフィリエイトというのは「アクセスを集めること」に注力して内容は薄くなりがちで、常に僕のように検索エンジンペナルティのリスクと隣り合わせにあると言えるでしょう。

Google村の住民でした

トレンドアフィリエイトにおける2度の挫折を経験し、さすがに僕の心もすでに折れかけていました。

 

元々そこまでニュースや芸能のことに興味が無いので、ひたすらアクセスのために記事を書くことが苦痛になっていたのです。

 

苦痛なことをまた失敗するかもしれない恐怖を抱えながら続けられるほど僕は心が強くありません。

 

そんな時にふとあることに気付きました。

 

そもそも僕がネットビジネスで起業しようと思ったのは

「誰かに命令されてつまらない人生は送りたくない。自分の好きなことをやって稼ぎたい。」

という想いがあったからです。

 

それなのにアカウント停止も検索エンジンペナルティも食らわないように、ビクビクしながら小手先で誤魔化して面白くもないトレンドアフィリエイトをやり続ける。

 

これでは起業家どころか、上司のご機嫌を伺ってクビにならないようにと好きでもない仕事をする会社勤めと変わらないんですよね。

 

ネットビジネスで自由に近づいているというのは錯覚でやっていることは前と全く変わらなかったのです。

 

ただお金を貰うのが 市役所→Google に変化しただけのこと。

 

僕はもう、Google村のルールにどっぷりと依存しきっている危険な状態でした。

 

アドセンスアカウントも検索エンジン順位もGoogleのルール上の話ですからね。

 

2度の挫折を経てようやくそれに気付くことが出来たのです。

 

前述のアドセンスアカウント停止、検索エンジンペナルティは正に、Googleという社会からはみ出してしまったことに他なりません。

 

まあ僕自身がこんな経験をしたこともあって、もしあなたが「ブログで稼いで自由になること」に興味があるとしてもトレンドアフィリエイトはオススメできません。

 

簡単に稼ぐことは出来てもそれが続く保証が無いからです。

 

何かの縁でせっかくこのブログをご覧頂いているのですから「ネットで稼ぐこと」の素晴らしさを知って自由を手にして欲しいと思っています。

 

そのためにGoogleに依存しない「本当に稼ぐ力」を身に付けて欲しいのです。

本当に稼ぐ力を身に付けるためには?

トレンドアフィリエイトは失敗に終わりましたが、これは見方を変えればその狭い社会でしか通用しないスキルがなくなったというだけのこと。

 

本当に稼ぐ力、真の安定を身につけていつの時代も生きていける起業家になるためにはもっと広い視点で考える必要があります。

 

そして僕は「ある力」を身に付けることで、ようやく真の自由を手に入れることが出来たのです。

 

 

このある力こそがGoogleとか関係なく、いつでも自由にお金を稼ぐことが出来るものだったのです。

 

 

そのある力というのは何かというと・・・文章力、コピーライティングのスキルです。

 

コピーライティングというのは「人の心を動かす文章を書くスキル」のことです。

 

なぜコピーライティングのスキルを身に付けると自由にお金を稼ぐことが出来るのでしょうか?

アフィリエイトの真髄とは「物を売ること」

トレンドアフィリエイトはクリックされるだけで収入が得られますが、本来アフィリエイトの真髄というのは「物を売ること」にあります。

 

アフィリエイトは元々商品を紹介することによる「紹介料」を得るビジネスですからね。

 

例えばあなたが「この美容液は乾燥肌の改善にオススメですよ!」とブログの記事に書いて紹介して、その記事を見た人が美容液を買ってくれればその紹介料としてお金が入る、という具合ですね。

 

4000円の美容液を紹介することで2000円があなたの懐に入ったりします。

 

たった2000円しかもらえないの?

 

と思うかもしれませんが、ブログの良さというのは「一度記事を書くとずっと残る」というところです。言ってみればネット上の資産になるわけですね。24時間フル稼働の自動販売機とも言えます。

 

 

1個売れてもたった2000円しかもらえないとしても、その美容液が1日に5個売れれば1万円の利益です。さらにそれが30日間続くなら30万円。

 

1ヶ月30万円も稼げれば、よほど贅沢をしなければ暮らしていける金額になりますよね。

 

こういうものをいくつも作っていけば、自動で入ってくる収入だけで暮らしていくことも現実味を帯びてきます。ましてや2000円という価格の案件は全体で見るとそれほど高い方ではなく、中には1万円以上もらえる案件も存在します。

 

ひたすらアクセスを集めてもせいぜい1クリック数十円しかもらえないトレンドアフィリエイトと比べると稼げる金額の桁が違うというのが分かるでしょう。だから「物を売ること」が重要なのです。

 

人の心を動かす文章力:コピーライティング

もちろん、そんな簡単に物が売れるわけではありません。

 

広告をクリックしてもらうだけで良いトレンドアフィリエイトと違って「購入」という行動を促さなければならないからです。

 

そのためにはその商品に

  1. 興味を持ってもらう
  2. 信頼してもらう
  3. 払う金額より得られるメリットが大きいと確信させる

 

という心の障壁を取り除くための3ステップを踏まなければなりませんね。その心の障壁を取り除く方法こそがコピーライティングなのです。

 

まあ、4000円もする美容液を買わせるには文章で説得しなければならないというのは体感としてもわかりますよね。

 

ブログにおける収入というのは

アクセス数 × 商品単価 × 成約率

で決まってきますが、コピーライティングの技術というのはこのうち「成約率」を高めることです。

 

大きく稼ぐならこの3つをバランス良く上げていくことが必要ですが、中でも成約率は最も重要でありながら「自分一人で高めることが出来る」唯一の要素です。

 

アクセス数は検索エンジンに依存しますし、商品単価は自分では決められませんからね。

 

成約率さえ高めれはブログでの収入は格段に上がります。

 

言い換えると「アクセス数が少なくても成約率さえ高めればどうにでもなります」。

 

例えブログへのアクセスが1日に10くらいしかなかったとしても、1万円の報酬がもらえる商品を1件成約できるならそれだけで月に30万円稼げます。

 

10アクセスのうち5件を成約できるなら1日5万円、月に150万円です。

 

実際にはここまで成約率を高めるにはかなりの技術が必要ですが、そうやって成約率を極限まで高める技術こそがコピーライティングのスキルなのです。

 

商品単価は変えられなくても「売る商品を選ぶこと」は出来ますから、単純に報酬単価が高い商品を選んで売れば良いのです。

 

あとは成約率を高めれば良いだけですよね。ここからさらにアクセスを増やすことが出来れば物凄い金額を稼ぐことが出来ます。なんだか簡単そうに思えてきませんか?

 

またコピーライティングのスキルの良いところは「他のあらゆるビジネスに応用できる」ということです。

 

それは人がモノを買う心理が、ジャンルや時代に関わらず不変だからです。

 

人がモノを買う時の心理は、先ほどもお話した

  1. 商品に興味を持つ
  2. 商品の効果を信頼する
  3. 支払う金額より得られるメリットが大きいと確信する

という3ステップを必ず経ます。

 

今まであなたが過去に買い物したものを思い浮かべてみてください。

 

美容液、サプリメント、脱毛器具、寝具、電化製品、さらには教育、医療、弁護士といったサービス業に至るまですべてこの3ステップで成り立っています。

 

この3ステップをクリアする文章を書くことが出来れば、仮に江戸時代にタイムスリップして油売りをやらされたとしても売りぬくことが出来るでしょう。

 

アクセス数を集めることだけしか考えていないトレンドアフィリエイトというのはあまり効率が良くない上に「物を売るスキル」が全く身につかず他のビジネスに応用が出来ないのです。

 

綺麗な文章を書く必要はない!

勘違いしないで欲しいのは、コピーライティングというのはあくまでも「人の心を動かす文章を書くスキル」であって「綺麗な文章を書くこと」と必ずしもイコールではないということです。

 

コピーライティングに求められるのは小説家やエッセイストのような文章力ではなく、中学生レベルの文章力さえあれば問題ありません。難しい単語を知っている必要もありません(むしろ難しい言葉を使うほうが反応は悪くなります)。

 

日本語としておかしいレベルの文章はそもそも読まれもしないのでさすがにそれは問題ですがw

 

そんな人を作らないために小・中学校の義務教育で国語を習っているのです。日本人に生まれて良かったですね。

 

綺麗な文章を書くことよりも自らの情熱や本気度といった「魂」を文章に込めることのほうが大事だと思いますね。

 

例として適当かどうか分かりませんが、「はじめてのおつかい」に出てくる子供たちはつい応援したくなりますよね。それは小さな子供たちの純粋さ、一生懸命さ、ひたむきさに心を打たれるからであって、決して「言葉が巧みだから」というわけではありません。

 

例え拙くても人の心に響く言葉を放つことは出来ます。

 

そのうえでコピーライティングという人間の心理を利用した「法則」を勉強し、その法則を取り入れて文章を書くことで人の心を動かすことが出来るのです。例え中学生レベルの文章力であってもです。

 

たぶんこの記事もところどころ誤字脱字があったり、変な日本語を使っている箇所があるでしょう。

 

それでもあなたがここまで読み進めてくれたなら、僕の真意は伝わっているなので全く問題ありません。

 

だから

自分は文章を書くのが苦手だから無理だ・・・

と諦めてしまうのは非常にもったいないです。要所ごとにポイントを抑えて書けばいいだけなのですから。

 

このブログでは文章力、コピーライティングを軸とした「ブログで稼いで自由になる方法」についての情報を発信していますので、もし僕と同じように自由な生活を手に入れたいという人は参考にしてみてくださいね。

 

コピーライティングについてもう少し詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!